古本交差点 イベント案内 [2014年]

※イベントに参加される方は終電にお気をつけください 「市役所前」電停 終電情報

◆イベントの参加料金は税込金額です◆

2014/7/12(土)16:00~17:00

古本交差点開店一周年記念イベント第2弾!

「序破急 銀幕部長が語る青春のサロンシネマ

   ~半世紀映画館に思いを馳せて~」

  ※終了しました。ありがとうございました。 

2014年8月末日にて一旦」閉館となるサロンシネマ(広島市中区タカノ橋商店街)。

1955年から50年以上、広島の映画館として永く映画ファンに愛されてきた。このたび建物老朽化という致し方ない理由とはいえ、その閉館を惜しむ声は強い。

今回、サロンシネマを運営する株式会社序破急「取締役 銀幕部長 戸川喜史」氏をお迎えして、その想い出、さらに広島で映画館事業を行っていく希望と情熱を「古本交差点一周年記念月間2014年7月」で語っていただく。

 

日 程 : 2014年7月12日(土)

時 間 : 15:30  受付開始 

      16:00 トークスタート

会 場 : 古本交差点 店内

料 金 : 入場無料(要予約)

定 員 : 50名

出 演 : 株式会社 序破急 銀幕部長 戸川喜史(よしふみ)氏

      トーク聞き役は「出版人 財津正人」(古本交差点運営人)

 

****トークイベント&「銀幕部長 戸川喜史(よしふみ)氏」ご紹介****

その名も、「銀幕部長」が戸川氏を著す最適な言葉なのである。

実は、戸川氏、㈱序破急へ入社したのはほんの数か月前。若き青春時代「タカノ橋 サロンシネマ」で鑑賞する映画の魅力に取りつかれ同館へ足しげく通ったという戸川氏。いつしか、戸川青年とサロンシネマに関わる人たちの間には、見えない橋が架かっていた。

 

やがて、戸川氏は成人し、広島を離れ新天地へ旅立っていった。その新天地とはいわゆる「シネコン」。

戸川氏は序破急が展開してきたものとは全くの逆方向かとも思える世界「シネコン」で、数十年関わってきた生粋の「映画人」なのである。そして、サロンシネマの閉館・移転が決まり序破急から「タカノ橋サロンシネマのラストを見守るのは彼しかいない」と白羽の矢が立ったのは数十年前にサロンシネマで映画の神様に愛された戸川氏だったのである。戸川氏は今再び広島の地へ戻った。

少年時代に架かったサロンシネマと戸川氏の橋はしっかりと生きていたのだ。

 

「知識、造詣などで武装しないシンプルな映画愛を語ってもらえれば」とトーク聞き役 財津は語る。

*****************************************************

 お申し込みは①~③のいずれかよりお願いします

   ※終了しました。ありがとうございました。

古本交差点 イベント専用お申込みフォーム

huruhonkosaten●gmail.com(●を@に変えてください)へ

・「お名前」「当日連絡のとれる電話番号」「参加人数」を送信

③古本交差点までお電話082-259-3925(営業時間12時~20時 火曜定休)

アクセスカウンタ