古本交差点 イベント案内 [2015年]

※イベントに参加される方は終電にお気をつけください 「市役所前」電停 終電情報

◆イベントの参加料金は税込金額です◆

2015/1/17(土)16:00~17:30

『本とミステリーとアイドルの不思議な関係』

※終了しました。ありがとうございました。

    

黄金のアイドル、ピンクレディやキャンディーズから、今の時代のAKBをはじめとする多くのアイドルたちまで、彼女、彼らたちの活躍は不変のような気がします。その時代その時代を象徴するのがアイドルたちです。

同時に、どうもアイドルを支えてきた層に、「本」好きの姿がちらちら見えるわけです。それは特にここ最近顕著になってきました。


■アイドルと本には、何か関係があるのか?

■全くの偶然か?


そんな、まさしく答えなどでるはずもない他愛もない、でも楽しそうな話をします。

今回およびしたのは広島の【本】の世界で、この二人あり、といわれたSF・ミステリーファンのお二人です。

一人は新刊書店。 一人は古本屋。


 啓文社(広島県尾道市) 三島政幸さん

 古書あやかしや  東聖治さん


三島さんはインターネットが今のように、私たち一般に普及する前から、ミステリーについて発信してこられて、いまや東京の出版社編集がミステリー書籍を創るときは、まずはこの人へゲラを出すのが常識となっているほどの方。

そして、

あやかしやの東さんも、広島の新刊書店店長を経てネット古書店のSF・ミステリーネット古書店として、その名はファンなら誰もが知っている方。


で、二人とも大のアイドル好き。

三島さんのツイッターの大半は、アイドル発信であり、東さんはいまだに東京出張の際は、キャンディーズの音楽を聴きながら行くらしい。


アイドルとミステリー。

アイドルと本。

アイドルと古本。


■何か関係性があるのか?

■全くの勘違いか?


どちらにせよ他愛もない話になることは間違いありません。なお、このトークは、「アイドルマニアの知識ひけらかし合戦」でも「ミステリーの歴史や知識記憶合戦」でもないので、そういう主旨の方の参加は心からご遠慮申し上げます。

あくまで、

「アイドル」を中心として、

ミステリーや本の楽しさ、アイドルの魅力を探るトークイベントです。なので、むしろ、全くの予備知識なし、本なんて読まない、って方にご参加いただければ光栄でございます。


トークでは、「アイドル」「本」「ミステリー」「SF」そして、

お二人ともにラジオで本の紹介もされているので、さらに 「本とラジオ」の相性などにもついてもお話を聞きます。時間はたっぷり90分。終了後は、近く(タカノバシあたりかな)で懇親会も予定しております。

 

日 程 :2015年1月17日(土)

時 間 : 15:30   受付開始 

      16:00~ イベントスタート 

      17:30  終了予定

会 場 : 古本交差点 店内

料 金 : おひとり様500円

※終了後近くで新年懇親会も開きます。(割り勘)

定 員 : 30名

司会進行 : 古本交差点運営人 財津正人

 

※終了しました。ありがとうございました。

アクセスカウンタ